賭ケグルイに学ぶコントラストの原理

f:id:todokeomoi2502:20170828104815j:plain

 

先日、「賭ケグルイ」というアニメを観ました。

 

簡単に言うとギャンブルのアニメなんですが、

現在は8話までやっていて、

その8話を観たときに違和感を感じたんですよね。

 

その違和感てのは、

「興味をそそられた」と言い換えてもいいでしょう。

 

 

ちなみに、このアニメの評価は様々で、

「面白い」という人もいれば、

カイジのパクリじゃん」とか、

「ただの顔芸やん」という人もいます。

 

結論からいうと、

確かにカイジっぽい感じもあるし、

顔芸というのも納得です。

色々とツッコミどころもあります。

 

ですが、全体的には

「まあまあ面白い」と感じました。

 

 

で、話を戻しますが、

なぜ最初に違和感を感じたのか?

なぜ興味をそそられたのか?

 

そこには何か学びがあるんじゃないかと思い、

1話から見始めたんです。

 

 

そして、わかりました。

違和感の正体が。

 

 

ずばり『ギャップ』です。

 

 

蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)という

主人公の女の子がいるんですが、

ふだんは純粋で天然そうな感じで、

可愛らしい女の子なんですよ。

 

f:id:todokeomoi2502:20170828105020j:plain

 

ですが、ギャンプルが絡むと、

ヒステリックな感じに豹変するんですね。

 

というより、リスクに快感を感じる

ヤバい奴なんですよ(笑)

 

f:id:todokeomoi2502:20170828110313j:plain

 

で、このギャップに

興味をそそられてしまったわけです。

 

「純粋、天然、可愛らしい」

     ↑↓

「リスク、快感、ヒステリック」

 

また、このギャップが妙にクセになるんですよね。

 

 

 

で、このギャップの原理なんですが、

心理学の用語で「コントラストの原理」というものがあって、

この原理と同じなのかなーと感じました。

 

 

例えば、「お湯」「常温」「冷水」の

3つのバケツがあったとします。

 

そして、両手を「お湯」と「冷水」のバケツに片手づつ入れます。

 

そのあとに、両手を「常温」のバケツの中に入れます。

 

すると、同じ「常温」の水なのに

「お湯」に入れていた方の手は冷たく感じて、

「冷水」に入れていた方の手は温かく感じるのです。

 

つまり、直前の温度の影響で

通常よりも温かく感じたり、冷たく感じる。

 

この現象を『コントラストの原理』と言います。

 

 

他にも、テレビなんかで

3000万円のネックレスとか、

5000万円のイヤリングとか、

1億円の指輪とか、見せられたとします。

 

そのあとに、

10万円のネックレスとか、

30万円の指輪とかを見せられると、

随分と安く感じられませんか?

 

これもコントラストの原理です。

 

 

で、この原理はセールスはもちろん、

値下げ交渉なんかにも応用できちゃうわけです。

 

前にGACKTさんがラジオで

値下げ交渉の仕方を話していたんですが、

まさに、その方法もコントラストの原理の応用でした。

 

 

そして、

今回のアニメ「賭ケグルイ」の主人公

蛇喰夢子のヒステリックぶりも

コントラストの原理が作用していると思うんです。

 

ただのヒステリックではなく、

ふだんは純粋で天然そうで可愛らしい。

 

その前振りがあるからこそ、

通常よりもよりヒステリックに見えてしまう。

 

そして、そのギャップに魅せられてしまう。

 

というのが、僕の見解です。

 

 

不良の学生が、捨て猫を可愛がっていると

必要以上に優しく見えてしまうのもそう。

 

ふだんはテキトーなことばっか言ってる人が深い話をすると、

必要以上に魅力的に見えてしまうのもそう。

 

 

こんなふうにギャップを意識すれば、

コントラストの原理が応用できるんじゃないでしょうか。

 

 

 

というわけで、今回の話は以上です。

 

ぜひコントラストの原理を人生に役立てたいものですね。

 

身近なところでいうと、

やはり値下げ交渉に使えると思いますよ。

 

ぜひやってみてください。

 

 

 

おしまい。